社会福祉法人英伸会

STAFF INTERVIEW

「ありがとう」の言葉が嬉しくて

仕事の大きな励みに

AZUSA OYABU

特別養護老人ホーム七福神
リハビリ課主任
作業療法士

どうして介護業界で働こうと思いましたか。

中学生の時に職場体験で老人ホームへ行かせていただき、介護の仕事に興味を持ちました。
高校生の時には、骨折をした祖父を病院へ連れて行く機会があり、そこで初めて作業療法士という仕事があることを知り、大学で勉強することを決めました。
本来であれば、多くの卒業生が病院へ就職するのですが、私は大学の卒業研究の一環で七福神に来させていただいていたご縁もあり、職員とご利用者様の接している姿を見て「とても温かい職場だ」と思えたことから、介護業界というよりも「七福神で働こう」と決めました。

未経験で介護業界に入り、どのように成長できましたか。

私の周りに介護業界に詳しい人がいなかったので、最初は不安がありました。実際に仕事を初めてみると、作業療法士の仕事だけでなく介護の仕事も経験させてもらえたので、介護全般のことを知ることができ、不安は無くなりました。

現在のお仕事内容を教えてください。

私の仕事は、作業療法士としてご利用者様の機能訓練を支援することです。
ご利用者様の身体機能や日常の動作能力を評価して、どんな体操をしたら機能を維持、もしくは向上させることができるのかなどを考え、個人ごとのプログラムを作ります。

ご利用者様の体格に合わせて車椅子の調整をするのも仕事です。
それから、ご利用者様の体格などに合わせてどのように介護するといいのかなどアドバイスもします。

介護業界に対するイメージは、入職前と後でどのように変わりましたか。

一番驚いたことは、ご利用者様の多くが、思っていた以上に元気だということです。老人ホームということで、あまり動けない方や、座ったままの方が多そうなイメージを持っていましたが、そのイメージはいい意味で覆されました。

遣り甲斐を感じる瞬間はどんな時ですか。

入職したばかりの頃、「自分で立ってトイレに行きたい」という希望を持ったご利用者様の機能訓練プログラムを作り支援させていただきました。少し効果が現れた頃に「ありがとう」と言って頂いた言葉がとても嬉しくて、大きな励みになりました。

キャリアアップを目指せる職場ですか

新人にもチャンスをくれて、成長したい人はどんどん成長できる職場だと思います。私が入職した時には、作業療法士が私一人しかいなかったので、いろいろな事にチャレンジさせてもらいました。今では、作業療法士の仲間が4人になり、責任感を持って楽しく仕事できています。

未来の仲間へメッセージをお願いします。

特別養護老人ホームは、ご利用者様の生活全般に携われるので、病院と違ってご利用者様とより深い関係を築くことができる職場です。作業療法士の勉強をしている人がどんどん介護の現場に飛び込んできてもらえたら嬉しいです。

社会福祉法人英伸会では、楽しく働くことのできる環境が整っています。

働きやすさは、笑顔のたえない施設環境をつくりあげるだけではなく、利用者様の安心感にもつながるのです。